アパート経営は都会と郊外のどちらが良いか

PR|収益物件選びのご相談は大和財託|

アパート経営をする時には、よくエリアがポイントになります。果たして人が多いエリアにすべきか、それとも郊外エリアかという悩みがあるからです。もちろん経営を検討する方々としては、その2つのどちらかから選ぶことになります。

結論を申し上げれば、利回りだけを重視するなら郊外エリアも一法です。というのも郊外エリアにある物件の場合は、経営の利回りが比較的高めになる事も多いからです。

では都会エリアのアパート経営はあまり良くないかと言われれば、そうとは断言できない一面もあります。確かに郊外よりは利回り数字は低めですが、その分入居率が比較的高いからです。つまり空室リスクが低いのです。
いくら利回りが高くても、肝心の入居者が確保できないようでは、赤字になってしまう可能性もあります。やはりそれは避けたいでしょう。ですから確実に利益を生み出したいと思うなら、かえって都会エリアの方が望ましいこともあります。

この辺りの事情をよく踏まえた上で、エリアを検討すると良いでしょう。

アパート経営の選択肢の1つに、東京エリアがあります。もちろん他地域でも経営を行うことは可能ですが、あえて東京を選ぶ方々も多いのです。なぜならそのエリアには、入居確率に関するメリットはあるからです。

そもそもアパートを経営する以上は、どうしても入居者は確保する必要があります。家賃の収入に魅力を感じるのは良いですが、肝心の入居者が集まらない事には、そもそも家賃も発生しないでしょう。郊外エリアではあまり入居者が集まらないので、経営に失敗してしまう事例もしばしば見られます。

ところが東京の場合は、入居者が比較的集まりやすい傾向はあるのです。やはり人口が多い上に、利便性は非常に優れているからです。入居者の目線からすると、便利なエリアの方が住みやすいでしょう。

つまり東京におけるアパート物件の場合は、空室リスクも低く抑えられると見込める訳です。着実なアパート経営を求めているなら、ちょっと東京エリアで検討してみるのも一法です。

PR|童話|内職 アルバイト|ショッピングカート|生命保険の口コミ.COM|初値予想|住宅リフォーム総合情報|心の童話|サプリメント|オーディオ|健康マニアによる無病ライフ|お小遣いNET|GetMoney|クレジットカードの即日発行じゃけん|お家の見直ししま専科