実家の使わなくなった土地を上手く活用している人というのは本当に上手く土地を活用しています。
というのも、そういう人の多くはある程度広い土地があってそこにアパートを建ててアパート経営を行っているからです。

実際に私の知人にもそういう人がいますが両親が亡くなってしまってその土地に誰も住まなくなって
広い土地と建物だけが余ってしまってそれを放っておいても仕方ないと思って建物を全部壊してアパートを建設してアパート経営をやるようになりました。

普通はいくら広い土地があっても建物もあるのでそれを壊してアパートを建てるのはかなりリスクがあると思ってしまって躊躇しますが、その知人は躊躇せずに建物をすべて壊してそこにアパートを何棟も建てました。

それで今ではそのアパートにはほぼすべての部屋に入居者が入っているのでかなりの家賃収入を得ています。確かに実際に実家の広大な土地にアパートを建ててその家賃収入を得る、つまり不動産投資にはリスクがありますが投資というのは少なからずリスクがあります。

でも、そのリスクを恐れずにアパート経営をする事にしたからその知人は今不労所得を
得ています。