公道に面した土地を所有していたものの有効に活用できずにいて、毎年固定資産税の払い込みが悩みの種になっていました。せっかく自宅以外の土地がありながら、所有していることに悩まなければならない理不尽さを感じていました。

何とか思いきった対策が必要だと思っていたタイミングでアパート経営の提案があり、慎重に検討した結果アパートを建てることにしました。土地を売却するのではなく、有効に運用することで収益が入ってくるというのは大きな魅力でした。

しかし現実には銀行からの多額の借り入れを前提としていますから、返済を終えるまで経営に自由度がありません。返済を終えた頃にはアパートが劣化してきていて、大規模修繕が必要となってしまうと、これまでの収益も大部分が出ていくことになります。投資マンションや不動産投資と同じことですね。

今は周辺に競合するアパートがないので、コンスタントに入居者が決まり空室ができることはありません。しかし空室ができて収益が低下したり、その他の原因で家賃を下げないといけないようなことがあると、返済のスケジュールが遠退き、一体何のためにアパート経営をやっているのかということになります。

アパート経営は見た目では家賃収入がかなり入ってくるように思われるようですが、気分は綱渡りのように必死で落ち着かないものです。